オリゴ糖をたくさん摂ります

 

常習便秘の私は、便秘解消のあらゆることに挑戦して来ましたが、便秘薬を頼らない生活をするために、腸内環境の改善に必要なビフィズス菌を増やすことを始めました。ビフィズス菌を直接投入することも行いますが、そのビフィズス菌が増えるためのオリゴ糖を摂ります。今はハチミツを毎日コーヒーに入れて飲むようになりました。

 

すると今までなかなか無かったお通じの気配が自然に感じられるようになったのです。少し大目のハチミツを入れて飲むと翌日の腸の調子がよくなっているのが分かるのです。

 

ビフィズス菌の入っているヨーグルトを毎日食べて、更にそのビフィズス菌のえさになるオリゴ糖を食べることが、腸内環境を良くして毎日の気持ちよいお通じに繋がっています。

 

また、私の場合は食物繊維がどうしても便秘解消には必要なので、きんぴらごぼうを作って毎日の食事の一品にしています。また、グリーンスムージーで緑の野菜や果物を一緒にとるようにしました。

 

おかげで便秘薬なしで快腸な毎日を送っています。

 

朝に摂取する水分や食事で腸内環境を整える

腸内環境を整える為に継続していることは、毎朝起きたら必ずコップ1杯の常温水を飲むことです。

 

毎日、飲酒しているので体が水分を必要としていることもありますが、失われた水分をまず補給してあげることを意識しています。

 

ここで、冷たい水を飲んでしまうと、下痢をする可能性もあるので、あくまで常温水を飲みます。

 

次にヨーグルトを今は1日置きぐらいに食べます。

 

一番効果があるのは、ビフィズス菌が生きたまま腸まで届くというダノンビオです。

 

これを続けてから便秘をしなくなったのと、便の量が増えていると実感できるので、是非おすすめです。

 

また便秘気味の時は毎日食べると効果的です。

 

下痢の時はどうしてもビオフェルミンなどの薬に頼りがちになってしまいます。

 

薬が無い場合は、朝からプチ断食にして、一度腸内に何も無い状態にして、リセットさせて治します。

 

また、なるべく普段から腸内環境を整える為に、発酵食品を意識して食べるようにしています。

 

朝食に納豆、味噌汁、漬物など食べるようになってから、便秘も下痢も減り、腸の調子が良くなりました。

 

体を目覚めさせるためにも、朝から腸を意識した水分や食事が大切だと思います。